CADツール、フリーソフト

2017年5月20日 (土)

低価格 DWG互換 "ARES 2017"を使ってみました。

低価格なDWG互換2DCADを紹介。
DWG互換で有名なCADで最近はDraftSightがありますが、(フリー版と有料版)
今回、紹介する低価格 DWG互換CADは(旧名:Jdraf)"ARES 2017"です。

Screensnapz123

体験版がダウンロードできますので興味がありましたら試してみてください。

ダウンロードページ

Screensnapz114

インストールして使用してみた感じですが、DraftSightと同じ操作感です。インタフェースは黒を基調として高級感(フリーソフトではない感じ?)があります。

Screensnapz125

価格はスタンドアロンで税別¥48,000なのでかなり安価な設定となっています。DraftSightを使用している方にはおすすめなCADだと思います。

続きを読む "低価格 DWG互換 "ARES 2017"を使ってみました。"

|
|

2017年4月 8日 (土)

新バージョンとなる無料DWGビューア「DWG TrueView 2018」がダウンロードできます。

最新版DWG TrueView 2018がダウンロードできるようになっています。

Screensnapz119e

詳しくは"AutoCAD操作説明書">"DWG TrueView 使い方(4)インストール"を参考にして下さい。


続きを読む "新バージョンとなる無料DWGビューア「DWG TrueView 2018」がダウンロードできます。"

|
|

2016年2月10日 (水)

AutoCAD360(モバイル)がPROへアップグレード(期間限定30日間〜)

AutoCAD360(モバイル版)が4.0へバージョンアップしPROが利用できるようになっています。これは期間限定となっており30日間となっています。自分場合は90日間利用可能となっていました。

Wspro

PROについて詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。

続きを読む "AutoCAD360(モバイル)がPROへアップグレード(期間限定30日間〜)"

|
|

2015年10月11日 (日)

"iDraw"というドローイングソフトが"Autodesk Graphic"になりました。

もともとiDrawというソフトはMac用のイラストレーター的なドローイングソフトでした。

20151011_101943_2

今回バージョンがアップして、名前もAutodesk Graphicとなっています。サイトはこちら

20151011_102512

Graphic for Mac、Graphic for iPad、Graphic for iPhoneがあります。簡単に使えるドローイングソフトを探している方にはおすすめです。価格はMac App Storeでは¥3,000となっています。

20151011_103443

>>>>>

ソフトの説明

Autodesk Graphic は強力な機能を搭載し Mac OS X に最適化された、ベクター描画とイラストレーションアプリケーションです。

"ライトウェイトなベクタードローイングで使いやすい 9/10 点" - Mac.AppStorm.net

“アメージング Mac アプリとして特集、強力なのに値段設定が素晴らしい" - iCreate Magagine

Graphic は詳細化されたテクニカルなイラストレーションから美しいアートワークを作成するために必要なすべてのツールを取り揃えています。すばやく簡単にデザインを作成し、iDraw for iPad を使って外出先でその続きを作成できます。

Pages 書類にペースト可能な解像度に依存しないイラストレーションを作成したり、Keynote に同梱したり、iBook Author と一緒に使用したりできます。

読み込み/書き出し

- SVG, PDF, EPS, Photoshop PSD ファイルの読み込み。

- デザインを SVG, PDF, PNG, PSD, JPEG, GIF, TIFF ファイルで書き出し。

- 選択したオブジェクトを PNG, PDF, SVG, CSS プロパティ, Core Graphics コードとしてコピー

- レイヤーとタグ付オブジェクトを個別のファイルとして自動で書き出し。

Photoshop PSD の読み込みと書き出し

- レイヤーを含む PSD ファイルをベクターパスとエフェクトで読み込み。

- シェイプレイヤーを編集可能なベクターパスとして読み込み。

- レイヤーエフェクトは編集可能なドロップシャドウ、インナーシャドウ、グロー、その他で読み込み。

- デザインをレイヤー付き PSD ファイルで書き出し。

続きを読む ""iDraw"というドローイングソフトが"Autodesk Graphic"になりました。"

|
|

2015年5月17日 (日)

久しぶりにAutoCAD360を使ってみた。

iPadでは時々AutoCAD360で図面を見たりしていたのですが、暇だったのでブラウザでのAutoCAD360を起動してみました。

当初よりすごく使いやすくなっている様な気がします。

20150517_85919

ひょっとしてAutoCAD360だけでも図面が作成できるかもしれません。

例えば印刷もPDF出力ができるので問題ありません。

20150517_90431

20150517_90512

またコマンドも用意されていてMOVEコマンドも"M"を入力するだけで下のようなコマンドが表示されます。

20150517_90801

一度どの程度の図面を仕上げられるのか試してみたいと思います。

AutoCAD操作説明書>>AutoCAD360の使い方

続きを読む "久しぶりにAutoCAD360を使ってみた。"

|
|

2015年3月31日 (火)

最新版 DWG TrueView 2016がダウンロードできます。

※最新版DWG TrueView2017がダウンロードできます。詳しくはこちら

DWG TrueView 使い方

無料のDWGビューアで最新版のDWG TrueView2016がダウンロード出来るようになっています。オートデスクの日本サイトではまだのようですが、USサイトで確認しました。

20150331_211924

詳しくは AutoCAD操作説明書 >> DWG TrueView使い方 を見てください。

2015/04/01に更新

続きを読む "最新版 DWG TrueView 2016がダウンロードできます。"

|
|

2015年2月 5日 (木)

本当はCADに最適なディスプレイはこの製品じゃないですか?

EIZOからFlexScan EV2730Qという商品が出ています。このディスプレイはなんと1:1の比率となっています。(1920×1920ドット)

20150205_163950

CADを使用する上で(特にAutoCAD)ワイド画面だと左右の作業領域は余っていても、上下の作業領域が極端に少なくなって拡大・縮小の頻度が多くなりがちです。

このディスプレイならリボンが表示されたままでも、かなり効率的な作図ができそうです。値段はちょっと高めで実売が¥120,000程です。

20150205_165752

特徴としては

続きを読む "本当はCADに最適なディスプレイはこの製品じゃないですか?"

|
|

2015年1月21日 (水)

頭脳rapid PRO18がプラスワンキャンペーンで30%割引

国産2次元CAD 頭脳RAPID PRO 18が2015年2月2日から2015年5月31日の期間で通常価格¥140,000(税別)が¥98,000(税別)になるお得なキャンペーンを実施します。

追記(1月31日)

上記プラスワンキャンペーンですが、2015年1月31日現在、Amazonでは普通に35%引きで販売しています。こちらで購入する方がかなり得です。全く何がお得キャンペーンなんだか分かりません。(在庫は残1となっていますが…入荷予定あり)

20150121_95700


対象となるには他社のCAD製品を利用している事が必要で、下記の製品が対象となっています。

続きを読む "頭脳rapid PRO18がプラスワンキャンペーンで30%割引"

|
|

2015年1月14日 (水)

Jw_CAD新バージョン8.00のインストールエラーについて

Jw_cadが3年ぶりにアップデートされていますが、旧バージョンが入っている状態でインストールすると"書き込みに失敗しました。アクセス権があることを確認してください。"と表示されエラーとなってしまいます。

Screensnapz117
この場合、一旦インストールを中止します。
Screensnapz118
再度インストールを実行し、インストール先を変更します。
Screensnapz119
デフォルトは"jww"となっていますので、例えば"jww2"のように新しく作成して、インストール先を変更します。
Screensnapz120
これで問題なくインストールできると思います。
Screensnapz121

続きを読む "Jw_CAD新バージョン8.00のインストールエラーについて"

|
|

2015年1月13日 (火)

JW_CADがアップデート バージョン8.00になっています。

JW_CADが約3年ぶりのアップデートしています。当環境のWindows7及びWindows8.1にもインストールしてみました。

JW_CADのページからダウンロードできるようになっています。
Screensnapz099_2
ファイルサイズは約9MBです。
Screensnapz100_2
「安定しない場合は Direct2Dのチェックを外してください」となっています。
Screensnapz104_2
バージョン8.00となっています。
Screensnapz109_2
起動してみましたがインタフェース自体は特に変更はないようです。
Screensnapz111
以下にオフィシャルに掲載されていた変更点を引用します。
Windows8 のタッチ操作に対応した。(ピンチまたはストレッチによるズーム、スライドによるスクロール)
Shift+両ボタン(または左ボタン)ドラッグで、画面がスライ ドするようにした。(基本設定→[一般(2)] で左ボ タンドラッグによるスライドを指定したときは、包絡コマンドの[Shift+左ボタン]による中間線消去は使用できない)
ファイル選択にコモンダイアログを使用できるようにした。
建具(平面、断面、立面)でソリッド図形と楕円を使用できるようにした。
記号のソリッド図形に一部機能を追加した。(フォルダー「変更建具データ」内の「JW_OPT4.DAT」のデータ説明参照)
ファイル名の部分表示を追加し、印刷時に使用 できるようにした。
AUTO以外で[消去]を2回選択すると連続範囲選択消去、[寸法]を2回選択すると寸法角度が 90°と 0°の切換えになるようにした。
FILE選択ダイアログの画面最大分割数を32まで設定できるようにした。(環境設定ファイル「S_COMM_0」の 10 を参照)
環境設定ファイルの「文字入力ダイアログの縦サイズ」の標準値を変更した。(環境設定ファイル「MSET」の 5 を参照)
包絡に「建具線端点と包絡」を追加した。
分割コマンドに円全周分割を追加した。(分割数入力→右クリックで分割始点指示→分割する円を右クリックで指示)
DXF出力の際、線種名が空の線が出力されエラーとなる現象を回避した。
3DS出力を廃止した。
インストーラーに InstallShield を使用するようにした。

続きを読む "JW_CADがアップデート バージョン8.00になっています。"

|
|

より以前の記事一覧