« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月14日 (日)

無料2DCADだったDraftSight(ドラフトサイト)が有料になるようです。

人気の2DCADのDraftSightがなんとサブスクリプション契約(月ごとのレンタル)となるようです。

とりあえずは2019年12月31日までは無料で使用できるようですが、それ以降は更新しないと使用できないようです。

DraftSightが人気だった理由としては"無料"、"AutoCADと同じ操作”でしたが残念です。

有料となった場合の価格を調べてみたら"Standard版が1年間で$99(¥11,000位)、Pro版¥22,000、プレミアム版¥56,000ですか....微妙ですね。自分としてはAutoCAD LTの操作性、機能、インタフェースを比べると圧倒的にAutoCAD LT(20%OFFで購入した場合¥51,000位)を選択したいですね。なおAutoCAD割引セールは結構頻繁にやってます。

もしかすると有料版となるDraftSight2019からはインタフェース・機能・操作性などが一新するのかもしれません。3Dは搭載されるようですが....

20190414-102848

詳しくは公式サイトで確認してみてください。

以下公式サイトからのアナウンスを引用しています。

2011年の公開から長きに渡りご愛顧いただいております2D CADソリューション「DraftSight」はこの度、最新版リリースに伴い、無償版のご提供を終了することとなりましたのでお知らせいたします。今後は全ての製品パッケージが有償(期間ライセンス)でのご提供となります。

現在お使いの無償版DraftSight(バージョン2018/Xおよびそれ以前のバージョン)は、2019年12月31日をもって使用できなくなります。無償版DraftSightのダウンロードも米国東部時間2019年3月19日をもって終了します。

なお現在、有償版のDraftSightをお使いのユーザー様は、そのまま最新の「DraftSight2019」へと更新しお使いいただけます。

詳細につきましては以下の「DraftSight 2019 よくあるご質問と回答(FAQ)」をご参照下さい

 

無償版 DraftSight をインストールして使用しているのですが、何か影響はありますか ?

DraftSight 無償版をご使用中のお客様は, DraftSight 2018 またはそれ以前のバージョンを 2019 年 12 月 31 日まで使用することができます。 DraftSight2019 がリリースされた後も、無償版の再アクティベーションは可能です。 ただし、無償版 DraftSight は、バージョンを問わず、2019 年 12 月 31 日をもって使用不可能になりますのでご注意下さい。

注意: DraftSight 2019 Professional の無償 30 日間トライアル版をダウンロードしインストールした場合、または一度 DrafiSight2019 をご購入いただいた 後は、再び同バージョンおよびそれ以前の無償版のインストールはできませんのでご注意下さい。

 

古いバージョンの無償版 DraftSight を使用しています。費用が発生しても使い続けたいのですが?

過去バージョンの DraftSight は購入することができません。 無償版 DraftSight (2018 またはそれ以前のバージョン) は、2019 年 12 月 31 日をもって使用できなくなりますのでご注意下さい。

 

現在 DraftSight Professional を使用しています。何か影響はありますか?

DraftSight Professional の有効なサブスクリクション契約をされているお客様は、契約期間中、DrafiSight2019 Professional の使用が可能 です。 後日公開されるダウンロードアクセスサイトにアクセスし、現在使用中の有効なシリアル番号を使って、DraftSight 2019 Professional をインストールして下さい。
DraftSight Professional のノンサブスクリクション契約(一回購入)をされているお客様は, ご購入いただいたバージョンの DraftSight Professional を使用することができます。DraftSight 2019 Professional への移行を希望される場合は、以下をご参照下さい。:
導入から 12 か月以内の場合、DraftSight2019 の最新バージョンをダウンロードし、インストール後、既存のシリアル番号でアクティベーションできます。
導入から 12 か月を経過している場合、 シリアル番号を更新する必要があります。 詳細については、後日公開されるサイトをご参照下さい。

注意: DraftSight 2019 Standard, Professional および Premium は、12 か月のサブスクリプション契約(期間サービス契約)だけになります(DraftSight2019 以降は、「ノンサブスクリプション契約(一回購入)」で購入することはできません。DraftSight 2019 Enterprise および Enterprise Plus については、前述の通 りオプションを選択できます)。

 

DraftSight 2019 は、どうやって購入できるのですか?

DraftSight 2019 Standard, Professional, および Premium をご購入の場合は、DraftSight.com にアクセスして下さい。 このサイトでは、 12 か月の期間(Term)ライセンスの購入が可能です。ネットワークライセンスおよびテクニカルサポートを含む DraftSight 2019 Enterprise お よび Enterprise Plus は、販売代理店から購入することができます。DraftSight 2019 Enterprise または Enterprise Plus を購入する場合、12 か月毎の保 守支払い、または一括払いおよび以降 12 か月毎の保守支払い方法を選択できます. 詳細および見積もり依頼は、 https://www.solidworks.com/ja/how-to-buy/contact-sales にアクセスして下さい。

|

新バーション"DWG TrueView 2020"がリリースされています。

無料CADビューアソフト"DWG TrueView 2020"がダウンロードできるようになっています。


なぜか日本語サイトからアクセスするとダウンロードできないこともあるようですので、こちらを参考にダウンロードしてみてください。


AutoCAD操作説明書→DWG TrueView 使い方


20190414-95215

続きを読む "新バーション"DWG TrueView 2020"がリリースされています。"

|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »