« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月

2017年5月28日 (日)

AutoCAD2018ベース製品の6月1日以降起動できなくなる現象

Autodesk AutoCAD 2018 ベースの製品および Autodesk AutoCAD LT 2018 の中で、AutoCAD 2018.0.1 Update (AutoCAD LT 2018.0.1) が適用されている PC において、2017年6月1日以降に以下のエラーメッセージが表示されて製品が起動できなくなる現象が発生します。

Exp

現在適用されているバージョンを確認するには、コマンドラインから "ABOUT"を実行するかAutoCADヘルプからバージョンを確認します。

Ver

ダイアログボックス内の製品のバージョンが、0.61.0.0 AutoCAD 2018.0.1 (AutoCAD LT 2018 の場合は、0.61.0.0 AutoCAD LT 2018.0.1) と表示されている場合、2017年6月1日以降、製品が起動できなくなりますので、最新のアップデートを適用してください。
>
2018.0.2 Update の適用は、2017年6月1日を過ぎて一旦 Autodesk AutoCAD 2018 (Autodesk AutoCAD LT 2018) が起動できなくなった場合でも適用可能です。
>
アップデートの適用方法
1. Autodesk Account にサインインします。
2. Autodesk Account の画面の上の方にある [管理] をクリックして、[製品の更新] をクリックします。
3. 製品の更新の一覧の中から現在使用されている製品の 2018.0.2 Update にチェックを入れて [ダウンロード] ボタンをクリックします。

Che

Autodeskオフィシャルページより

続きを読む "AutoCAD2018ベース製品の6月1日以降起動できなくなる現象"

|
|

2017年5月20日 (土)

低価格 DWG互換 "ARES 2017"を使ってみました。

低価格なDWG互換2DCADを紹介。
DWG互換で有名なCADで最近はDraftSightがありますが、(フリー版と有料版)
今回、紹介する低価格 DWG互換CADは(旧名:Jdraf)"ARES 2017"です。

Screensnapz123

体験版がダウンロードできますので興味がありましたら試してみてください。

ダウンロードページ

Screensnapz114

インストールして使用してみた感じですが、DraftSightと同じ操作感です。インタフェースは黒を基調として高級感(フリーソフトではない感じ?)があります。

Screensnapz125

価格はスタンドアロンで税別¥48,000なのでかなり安価な設定となっています。DraftSightを使用している方にはおすすめなCADだと思います。

続きを読む "低価格 DWG互換 "ARES 2017"を使ってみました。"

|
|

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »