« Autodesk IDについての説明 | トップページ | JW_CADがアップデート バージョン8.00になっています。 »

2014年12月17日 (水)

無料ビューア V-nas3DViewer Ver.2015がダウンロード可能

無料3Dビューア V-nas3DViewer Ver.2015がダウンロードできるようになっています。

20141217_84319
SXFファイルやV-nasシリーズにて作成した「BFOファイル」はもちろん、AutoCAD、JW_CADファイルを表示・印刷できます。また3次元にも対応し、V-nasClairで作成した3Dモデルデータの走行シミュレーションも可能となっています。
読み込んだファイルは、印刷機能でプリンター出力用のツールとしても使用できます。また、吹出しやレ点、赤黄ペンマーカなど、朱書き要素の作図や編集が可能ですので、図面の修正依頼等のやりとりが簡単に行えます。朱書き機能はSXF朱書き仕様にも準拠しています。
>
対応ファイル形式
ファイル種類:SXF 
拡張子   :P21、SFC
バージョン :Ver.3.1、Ver.3.0、Ver.2.0、朱書き
>
ファイル種類:AutoCAD
拡張子   :DWG、DXF
バージョン :2013、2010、2007、2004、2000、R12J~R14
>
ファイル種類:JW_CAD
拡張子   :JWW、JWC
バージョン :JWW(Ver6以下)、JWC(Ver.2.2以下)
>
特徴
OCF認証ソフトウェア
「V-nas」シリーズで表示できるファイルの表示・印刷
吹出やレ点など、朱書き要素を作図
朱書き要素を移動、複写、変形
作図した朱書き要素はBFOまたはSXF(p21、SFC)形式で保存
>
動作環境
CPU     :Celeron以上(IntelCore3相当以上を推奨)
ハードディスク:500MB以上の空き容量(2GB以上を推奨)
ディスプレイ :1024×768以上が表示可能なもの
メモリ    :1GB以上(2GB以上を推奨)
OS      :Microsoft WindowsVista、7、8、8.1

|

« Autodesk IDについての説明 | トップページ | JW_CADがアップデート バージョン8.00になっています。 »

CAD関連ニュース」カテゴリの記事