« またまた名称変更。「Autodesk360」が「A360」に! | トップページ | AutoCAD (LT) 2015 for Macが発表されました。 »

2014年9月26日 (金)

AutoCAD(LT)2015にサービスパック2

アプリケーションマネージャが起動してサービスパック2のアナウンスが表示されていました。

Ltsp2

アップデートの方法は"新しい更新"の"インストール"をクリックするだけで自動的にSP2がアップデートされます。

Ltsp22

SP2の大まかな内容は

・Altキー+プリントスクリーンキーの組み合わせによって画像を撮影した後に貼り付け使用した場合のクラッシュ。

TIFF画像を使用してファイルを開くときのクラッシュ。

新しいタブから作成された図面を閉じるときのクラッシュ。

AutoStack機能を使用する場合、寸法テキストの編集中にクラッシュ。

SHXフォントを含む図面をコピーまたは移動するときにクラッシュ。

スプラインをオフセットする時にクラッシュ。

グループマネージャーが開いたままの場合のクラッシュ。

・ブロックコマンドをリボンから使用する場合にクラッシュ。

・配列複写を使用した場合のフリーズ。

・ハッチングに関するさまざまな不具合。

などとなっています。

|
|

« またまた名称変更。「Autodesk360」が「A360」に! | トップページ | AutoCAD (LT) 2015 for Macが発表されました。 »

AutoCAD」カテゴリの記事