« 久しぶりな DraftSight 最新アップデートV1R4.0 | トップページ | フリーCAD QCADの紹介 »

2013年7月28日 (日)

ロールオーバーツールチップのカスタマイズ

最近のAutoCAD (LT)でロールオーバーツールチップという機能があります。オブジェクトの上にカーソルを当てたら表示されるツールチップです。

Ws000109

この機能をカスタマイズして自分の使いやすいようにすることができます。

例えば線分オブジェクトに対して線の長さを表示させるようにするには、リボンの管理タブ→カスタマイズパレット→ユーザインタフェースをクリックします。

Ws000110

カスタマイズのダイアログボックスが表示されますので、左上窓からロールオーバーツールチップを選択します。

Ws000111

次に右窓の左側から線分を選択し、右側のジオメトリから長さにチェックを付けます。

Ws000112

Ws000113_2

これだけでツールチップに長さが表示されるようになります。

Ws000114

|
|

« 久しぶりな DraftSight 最新アップデートV1R4.0 | トップページ | フリーCAD QCADの紹介 »

AutoCAD」カテゴリの記事