2016年8月 6日 (土)

今さらですが、最新のAutoCAD Mac版が普通に購入できます。

ちょっと前までは、AutoCAD(LT)をMacで使用するのに色々と苦労がありました。

_

手っ取り早い方法ではBOOTCAMPを使用するというのがありますが、これはWindowsのAutoCADですからちょっと違う気もします。
AutoCAD(LT) forMacを使用するにはアメリカから輸入してUSAでのアクティベーションを行う方法で使用されていた方もいたようです。
あとはmac app store(USA)にて購入されていた方もいました。
ですが今では普通にオンラインストアで購入(期間レンタル)できるようになっています。LT版であれば1年間で(30%OFF)税込み¥43,000程度で使用できます。
_
※英語版で、Windows版とはインタフェースが違いますが、今までAutoCAD を使用している人であればコマンドやアイコンなど同じですので問題なく使用できるとおもいます。
使い方はこちらを参考にしてください。AutoCAD LT for Mac使い方

20160806_111625

動作環境
オペレーティング
システム 
Apple® Mac® OS® X v10.10.0 以降(Yosemite)
Mac OS X でサポートされているすべての言語の OS
Windows 向けの AutoCAD LT に関心がありますか?詳細はこちら。
デバイス 
Apple Mac Pro® 4.1 以降(Mac Pro® 5.1 以降を推奨)
MacBook® Pro 5.1 以降(Retina ディスプレイ搭載のMacBook Pro 10.1 以降を推奨)
iMac® 8.1 以降(iMac 11.1 以降を推奨)
Mac® mini 3.1 以降(Mac mini 4.1 以降を推奨)
MacBook Air® 2.1 以降
MacBook® 5.1 以降(MacBook 7.1 以降を推奨)
グラフィックス
ハードウェア サポートされるハードウェアで確認されるすべてのグラフィックス カード
ディスプレイ
解像度 
最小: 1280 x 800、True Color 対応
推奨: 2880 x 1800、Retina ディスプレイ
メモリ 
最小: 3 GB の RAM
推奨: 4 GB
ディスク空き容量 
最小: ダウンロードおよびインストール用として 2.5 GB
推奨: 3 GB
ポインティング
デバイス 
Apple® Mouse、Apple® Magic Mouse、Magic
Trackpad、MacBook® Pro のトラックパッド、Microsoft 互換マウス
プリンタ Mac OS X 互換プリンタ
_
MacでAutoCADを使用したい場合は確認してみてください。オンラインストア

» 続きを読む

|
|

2016年6月10日 (金)

新製品 業界別コレクション(Dsign Suiteなど終了)autodesk

2016 年 8 月 1 日よりオートデスクのソフトウェアとサービスを 1 つのパッケージにまとめた新製品が発売されます。この新しい業界別コレクションによって複数のオートデスク製品が利用できるため、その価値と柔軟性が一層高まり、ソフトウェアのサブスクリプション契約および管理の方法が簡単になります。
(1)ARCHITECTURE, ENGINEERING & CONSTRUCTION COLLECTION(建設・土木業界向けコレクション)
(2)PRODUCT DESIGN COLLECTION(製造業界向けコレクション)
(3)MEDIA & ENTERTAINMENT COLLECTION(メディア & エンターテインメント業界向けコレクション)
となっています。
詳しくはautodeskの業界別コレクションのページで確認して下さい。

» 続きを読む

|
|

2016年3月23日 (水)

最新版AutoCAD(LT)2017の体験版がダウンロードできます。

最新版となるAutoCAD(LT)2017が発表されました。

それに伴いAutodeskサイトでは体験版がダウンロードできるようになっています。

20160323_212241

2017の使い方情報も少しずつ更新していく予定です。

AUtoCAD操作説明書>>各種ダウンロード>>AutoCADシリーズ体験版

» 続きを読む

|
|

2016年2月10日 (水)

AutoCAD360(モバイル)がPROへアップグレード(期間限定30日間〜)

AutoCAD360(モバイル版)が4.0へバージョンアップしPROが利用できるようになっています。これは期間限定となっており30日間となっています。自分場合は90日間利用可能となっていました。

Wspro

PROについて詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。

» 続きを読む

|
|

2015年12月13日 (日)

AutoCAD 2016 for MacとAutoCAD LT 2016 for Macが発売されました。

AutoCAD 2016 for MacとAutoCAD LT 2016 for Macが発売されました。

体験版もダウンロードできるようになっています。
また学生版も同時に利用できるようになっていますので、該当する人は利用してみてください。AutoCAD操作説明書>AutoCAD学生版について
注意点としてMac OSは10.8(Mountain Lion)以前のOSでは対応していませんのでアップデートする必要があります。

20151213_92549

» 続きを読む

|
|

2015年11月22日 (日)

AutoCADとWindows10の互換性

Windows10が7月位からダウンロードできるようになっていますので、現状AutoCADの互換性を調べてみました。

尚、AutoCAD2012以前のバージョンに関してはサポート自体が終了しているため、Windows10互換性は考慮されていないようです。
>>
サイトより抜粋
Windows 10 は、まだオートデスク製品ライン全体で正式にサポートされているオペレーティング システムではありません。
最も一般的な問題は、Windows 10 が .NET 4.6 に依存するようになったために、Windows 10 オペレーティング システム上にオートデスク製品を新規にインストールできないことです。以前のオペレーティング システム上にオートデスク製品をインストールし、その後に Windows 10 にアップグレードした場合は、ほとんど問題なく動作します。このような問題のいくつかは、Windows 10 の最新の更新プログラム KB3081448 で修正されています。お使いの Windows 10 にこの最新の更新プログラムを適用してください。
注: .NET 4.6 がインストールされている場合は、Windows 7、8、8.1 にもこの情報が適用されます。これらのオペレーティング システムでは、.NET 4.6 をアンインストールすることにより、通常通りのインストールを行うことができます。
AutoCAD(LT)2016
AutoCAD 2016 は AutoCAD 2016 SP1 を適用することでサポートされます。
AutoCAD LT 2016 は AutoCAD LT 2016 SP1 を適用することでサポートされます。
英語版の AutoCAD Electrical 2016 をインストールする場合は、Windows 10 の最新の更新プログラム KB3081448 が必要です。その他の言語バージョンは、現時点ではインストールに失敗します。
AutoCAD(LT)2015〜AutoCAD(LT)2013
オートデスク 2013 ~ 2015 製品については、Windows 10 との互換性を判断するために、さらなるテストが必要です。製品に固有の制限事項がありますのでご注意ください。
英語版の AutoCAD 2015 および AutoCAD ベースの業種別製品は、Windows 10 に最新の更新プログラム KB3081448 を適用済みであればインストールすることができます。
他の言語バージョンの AutoCAD および言語パックは、オペレーティング システムに .NET 4.6 がプリインストールされている場合、現時点ではインストールに失敗します。
DWGTrueView
DWG TrueView 2015 は、オペレーティング システムに .NET 4.6 がプリインストールされている場合、現時点ではインストールに失敗します。

» 続きを読む

|
|

2015年10月11日 (日)

"iDraw"というドローイングソフトが"Autodesk Graphic"になりました。

もともとiDrawというソフトはMac用のイラストレーター的なドローイングソフトでした。

20151011_101943_2

今回バージョンがアップして、名前もAutodesk Graphicとなっています。サイトはこちら

20151011_102512

Graphic for Mac、Graphic for iPad、Graphic for iPhoneがあります。簡単に使えるドローイングソフトを探している方にはおすすめです。価格はMac App Storeでは¥3,000となっています。

20151011_103443

>>>>>

ソフトの説明

Autodesk Graphic は強力な機能を搭載し Mac OS X に最適化された、ベクター描画とイラストレーションアプリケーションです。

"ライトウェイトなベクタードローイングで使いやすい 9/10 点" - Mac.AppStorm.net

“アメージング Mac アプリとして特集、強力なのに値段設定が素晴らしい" - iCreate Magagine

Graphic は詳細化されたテクニカルなイラストレーションから美しいアートワークを作成するために必要なすべてのツールを取り揃えています。すばやく簡単にデザインを作成し、iDraw for iPad を使って外出先でその続きを作成できます。

Pages 書類にペースト可能な解像度に依存しないイラストレーションを作成したり、Keynote に同梱したり、iBook Author と一緒に使用したりできます。

読み込み/書き出し

- SVG, PDF, EPS, Photoshop PSD ファイルの読み込み。

- デザインを SVG, PDF, PNG, PSD, JPEG, GIF, TIFF ファイルで書き出し。

- 選択したオブジェクトを PNG, PDF, SVG, CSS プロパティ, Core Graphics コードとしてコピー

- レイヤーとタグ付オブジェクトを個別のファイルとして自動で書き出し。

Photoshop PSD の読み込みと書き出し

- レイヤーを含む PSD ファイルをベクターパスとエフェクトで読み込み。

- シェイプレイヤーを編集可能なベクターパスとして読み込み。

- レイヤーエフェクトは編集可能なドロップシャドウ、インナーシャドウ、グロー、その他で読み込み。

- デザインをレイヤー付き PSD ファイルで書き出し。

» 続きを読む

|
|

2015年9月15日 (火)

ついにMac用AutoCAD LTが日本で販売開始されました。(英語版ですが…)

待ちに待ったというか、やっとというかMacユーザのためのCADソフトAutoCAD LT 2015 for Macがautodeskオンラインストアから入手できるようになっています。

20150915_165847


永久ライセンスが廃止されることになっているため期間限定ライセンスですが、購入できます。

20150915_165934_3

AutoCAD LT for Macに関してはアメリカから輸入するなど特殊な方法でしか入手できませんでしたので、喜ばれるユーザもかなりいると思われます。
値段は今なら25%OFFで年間¥46,170となっており、かなり割安感があると思います。
MacユーザでAutoCADだけWindowsを使用していた方は、Mac版を購入してみてはいかがでしょうか。英語版ですがほとんど問題なく使用できると思います。Windows版のAutoCADとはインタフェース等が違いますので一度当サイトの使い方を参考にしてみて下さい。
AutoCAD操作説明書>>AutoCAD for Mac使い方>>"AutoCAD LT for Macについて"

» 続きを読む

|
|

2015年5月17日 (日)

久しぶりにAutoCAD360を使ってみた。

iPadでは時々AutoCAD360で図面を見たりしていたのですが、暇だったのでブラウザでのAutoCAD360を起動してみました。

当初よりすごく使いやすくなっている様な気がします。

20150517_85919

ひょっとしてAutoCAD360だけでも図面が作成できるかもしれません。

例えば印刷もPDF出力ができるので問題ありません。

20150517_90431

20150517_90512

またコマンドも用意されていてMOVEコマンドも"M"を入力するだけで下のようなコマンドが表示されます。

20150517_90801

一度どの程度の図面を仕上げられるのか試してみたいと思います。

AutoCAD操作説明書>>AutoCAD360の使い方

» 続きを読む

|
|

2015年3月31日 (火)

最新版 DWG TrueView 2016がダウンロードできます。

無料のDWGビューアで最新版のDWG TrueView2016がダウンロード出来るようになっています。オートデスクの日本サイトではまだのようですが、USサイトで確認しました。

20150331_211924

詳しくは AutoCAD操作説明書 >> DWG TrueView使い方 を見てください。

2015/04/01に更新

» 続きを読む

|
|

«最新版AutoCAD(LT)2016の体験版がダウンロードできます。(USAサイト)