2017年3月21日 (火)

新バージョン AutoCAD(LT)2018の新機能

新バージョンAutoCAD(LT)2018が発表されました。とりあえず新機能についてオフィシャルサイトから抜粋。

==========
高解像度(4K)モニタのサポート
カーソル、ナビゲーション バー、UCS アイコンなどのユーザ インタフェース要素は、高解像度(4K)モニタで正しく表示されます。ほぼすべてのダイアログ ボックス、パレット、ツールバーが、Windows の表示スケールの設定に正しく調整されます。オペレーティング システムの制限により、最良の結果を得るには Windows 10 および DX11 対応のグラフィックス カードをご使用ください。
PDF 読み込み
SHX 文字を含む AutoCAD 図面から生成された PDF ファイルでは、文字がジオメトリ オブジェクトとして格納されます。PDFSHXTEXT[PDF SHX 文字変換]コマンドを使用して、SHX ジオメトリを文字に変換し戻すことができます。このコマンドには、最適マッチの SHX フォントを使用するオプションが含まれるようになりました。TXT2MTXT[文字をマルチ テキストに変換]コマンドが、行間を均一にするオプションを含むいくつかの改善で強化されました。
主要コマンド: PDFIMPORT[PDF 読み込み]、PDFSHXTEXT[PDF SHX 文字変換]、TXT2MTXT[文字をマルチ テキストに変換]
表示性能
改善された点は次のとおりです。
ハッチングの表示とパフォーマンスが改善されました。
サポートされているグラフィックス カードのアンチエイリアシングと高品質グラフィックスの設定が、互いに独立してコントロールできるようになりました。
オフスクリーン オブジェクト選択は、どのような場合にも正常に動作します。
オブジェクトを作成したり編集したときに表示されるオレンジ色のラバーバンド線は、[オプション]ダイアログ ボックスの[表示]タブの[色]ボタンから任意の色に設定できるようになりました。
主要システム変数:
LINESMOOTHING、HQGEOM、SELECTIONOFFSCREEN、OPTIONS
外部参照パス
外部参照のパスの既定の種類が、[相対]に設定されるようになりました。2 つの新しいパス オプション([新しいパスを選択]と[検索と置換])が使用可能です。その他の機能は次のとおりです。
見つからない外部参照のパスを修正する際、他の見つからない参照ファイルにも同じパスを適用できるようになりました。
ホスト図面を新しい場所に保存すると、外部参照の相対パスを更新するように求めるプロンプトが表示されます。
[外部参照]パレットの[パスの種類を選択]オプションでは、1 つの外部参照が選択されている場合には、現在のパスの種類が反映されるようになりました。
名前のないファイルに、パスの種類が[相対パス]である参照をアタッチすることができます。
主要なコマンドとシステム変数: EXTERNALREFERENCES[外部参照パレット]、REFPATHTYPE
DWG 形式の更新
DWG 形式は、特に多数の異尺度対応オブジェクトやビューポートを含む図面を開いたり、保存操作の効率を向上するために更新されました。さらに、AutoCAD での 3D ソリッドおよびサーフェスの作成では、セキュリティと安定性が向上した最新のジオメトリ モデラ(ASM)が使用されるようになりました。
主要コマンド: OPEN[開く]、QSAVE[クイック上書き保存]、SAVEAS[名前を付けて保存]
=================

» 続きを読む

|
|

2017年2月 8日 (水)

最新バージョンがでています。JW_CAD v8.02

JW_CADで約1年ぶりのアップデートとなるv8.02がアップされています。

8.02の変更点は以下のようになっています。
・高いDPI認識のためのリソースとして、500%までの倍率 を準備した。これに伴い、各種ダイアログおよびその部品の調整を行った。
・ツールバーに、ユーザーバー(3)~(6)を追加し、初期化設定できるようにした。
・複線コマンドに元レイヤのまま移動する機能を追加した。
・寸法コマンドの寸法値で寸法値移動を行う場合、文字列方向に対して任意・横・縦・横縦方向を指定できるようにした。これに伴いコントロールバーの表示を 変更した。([任意方向]を左クリックすると任意・横・縦・横縦の順、右クリックで逆順になる。)※オフィシャルページより抜粋
初心者向けJW_CADの使い方はこちらを参考にしてみて下さい。

» 続きを読む

|
|

2016年12月14日 (水)

AutoCAD for (LT) Mac 2017が発表されました。

やっとAutoCAD (LT) for Mac 2017が発表され、体験版がダウンロードできるようになっています。

» 続きを読む

|
|

2016年11月11日 (金)

キャンペーン AutoCAD LT Civil Suite 2017など約40%割引

Revit LT、Inventor LT または AutoCAD LT Civil Suite の 1 年間のサブスクリプションを、希望小売価格から Revit LT 2017 で 約39%、Inventor LT 2017 で 約23%、AutoCAD LT Civil Suite 2017 で 約44% の割引が適用された年間約39,900 円(税抜)のキャンペーン実施中です。

期間は 2016 年 11 月 7 日から 2017 年 1 月 20 日まで

20161111_111513

20161111_111503

20161111_111451

詳しくはオートデスクのオンラインストアで確認してみて下さい。

オートデスクオンラインストア

» 続きを読む

|
|

2016年10月31日 (月)

AutoCAD (LT) 2017 for mac のリリース日予想

追記 2016/12/06

Autodesk EUのオンラインストアにてAutoCAD LT for Mac 2017の販売が開始されたようです。参考サイト

20161206_202757

追記 2016/11/26

AutoCAD (LT) for Mac 2017ですが、今日現在まだ発表になっていませんが、USAオフィシャルで動作環境が更新されています。

AutoCAD for Mac 2017 System Requirements

Apple® Mac® OS® X v10.12 or later (Sierra); OS X v10.11 or later (El Capitan); OS X v10.10 or later (Yosemite)

Apple Mac Pro® 4,1 or later; MacBook® Pro 5,1 or later; iMac® 8.1 or later; Mac Mini® 3.1 or later; MacBook Air® 2.1 or later; MacBook 5.1 or later

64-bit Intel CPU (Intel Core Duo CPU, 2 GHz or faster recommended)

3 GB of RAM (4 GB or above recommended)

3 GB free disk space for download and installation

1,280 x 800 display with true color (2880 x 1800 with Retina Display recommended)

Apple Safari 5.0 or later

All Mac OS X supported language operating systems

Apple® Mouse, Apple Magic Mouse, Magic Trackpad, MacBook® Pro trackpad, or Microsoft-compliant mouse.

Download and installation from DVD

Mac OS X-compliant printer

AutoCAD for Mac 2017 System Requirements

=====================================

そろそろAutoCAD(LT) 2017 for macがリリースされる時期が近づいてきました。残念ながら10月31日現在まだ発表にはなっていません。

20161031_120749

いままでの各バージョンのリリース日を確認してみたいと思います。

AutoCAD(LT)2011 fo Mac 2010/10/15

AutoCAD(LT)2012 fo Mac 2011/08/19

AutoCAD(LT)2013 fo Mac 2012/03/27

AutoCAD(LT)2014 fo Mac 2013/10/22

AutoCAD(LT)2015 fo Mac 2014/10/14

AutoCAD(LT)2016 fo Mac 2015/11/21

となっています。今までの傾向から11月上旬くらいにリリースと予想しています。ただ昨年が11月21日と少し遅かったため11月20日くらいになるかもしれません。
いままで各バージョンのインタフェースに関してはほとんど変更が無かったのですが、今回から若干の変更があるみたいです。
日本語対応にはならないと思いますが、mac版は動作も軽く、使いやすいのでリリースが楽しみです。

» 続きを読む

|
|

2016年9月 8日 (木)

2016年9月7日よりAutoCAD製品の価格改定

AutoCAD製品の価格が改定されました。かなり安く購入できるようになっています。

20160908_194513

1年間のライセンスでAutoCAD2017であれば¥257,000→¥149,880となっています。

更にArchitecture2017、Electrical2017 は¥316,000→¥149,880

Map3D2017は¥321,000→¥149,880

Mechanical2017は¥289,000→¥149,880

AutoCAD LT 2017でも¥57,000→¥39,900

となっています。

詳しくはオートデスクのホームページで確認してみてください。

» 続きを読む

|
|

2016年8月 6日 (土)

今さらですが、最新のAutoCAD Mac版が普通に購入できます。

ちょっと前までは、AutoCAD(LT)をMacで使用するのに色々と苦労がありました。

_

手っ取り早い方法ではBOOTCAMPを使用するというのがありますが、これはWindowsのAutoCADですからちょっと違う気もします。
AutoCAD(LT) forMacを使用するにはアメリカから輸入してUSAでのアクティベーションを行う方法で使用されていた方もいたようです。
あとはmac app store(USA)にて購入されていた方もいました。
ですが今では普通にオンラインストアで購入(期間レンタル)できるようになっています。LT版であれば1年間で(30%OFF)税込み¥43,000程度で使用できます。
_
※英語版で、Windows版とはインタフェースが違いますが、今までAutoCAD を使用している人であればコマンドやアイコンなど同じですので問題なく使用できるとおもいます。
使い方はこちらを参考にしてください。AutoCAD LT for Mac使い方

20160806_111625

動作環境
オペレーティング
システム 
Apple® Mac® OS® X v10.10.0 以降(Yosemite)
Mac OS X でサポートされているすべての言語の OS
Windows 向けの AutoCAD LT に関心がありますか?詳細はこちら。
デバイス 
Apple Mac Pro® 4.1 以降(Mac Pro® 5.1 以降を推奨)
MacBook® Pro 5.1 以降(Retina ディスプレイ搭載のMacBook Pro 10.1 以降を推奨)
iMac® 8.1 以降(iMac 11.1 以降を推奨)
Mac® mini 3.1 以降(Mac mini 4.1 以降を推奨)
MacBook Air® 2.1 以降
MacBook® 5.1 以降(MacBook 7.1 以降を推奨)
グラフィックス
ハードウェア サポートされるハードウェアで確認されるすべてのグラフィックス カード
ディスプレイ
解像度 
最小: 1280 x 800、True Color 対応
推奨: 2880 x 1800、Retina ディスプレイ
メモリ 
最小: 3 GB の RAM
推奨: 4 GB
ディスク空き容量 
最小: ダウンロードおよびインストール用として 2.5 GB
推奨: 3 GB
ポインティング
デバイス 
Apple® Mouse、Apple® Magic Mouse、Magic
Trackpad、MacBook® Pro のトラックパッド、Microsoft 互換マウス
プリンタ Mac OS X 互換プリンタ
_
MacでAutoCADを使用したい場合は確認してみてください。オンラインストア

» 続きを読む

|
|

2016年6月10日 (金)

新製品 業界別コレクション(Dsign Suiteなど終了)autodesk

2016 年 8 月 1 日よりオートデスクのソフトウェアとサービスを 1 つのパッケージにまとめた新製品が発売されます。この新しい業界別コレクションによって複数のオートデスク製品が利用できるため、その価値と柔軟性が一層高まり、ソフトウェアのサブスクリプション契約および管理の方法が簡単になります。
(1)ARCHITECTURE, ENGINEERING & CONSTRUCTION COLLECTION(建設・土木業界向けコレクション)
(2)PRODUCT DESIGN COLLECTION(製造業界向けコレクション)
(3)MEDIA & ENTERTAINMENT COLLECTION(メディア & エンターテインメント業界向けコレクション)
となっています。
詳しくはautodeskの業界別コレクションのページで確認して下さい。

» 続きを読む

|
|

2016年3月23日 (水)

最新版AutoCAD(LT)2017の体験版がダウンロードできます。

最新版となるAutoCAD(LT)2017が発表されました。

それに伴いAutodeskサイトでは体験版がダウンロードできるようになっています。

20160323_212241

2017の使い方情報も少しずつ更新していく予定です。

AUtoCAD操作説明書>>各種ダウンロード>>AutoCADシリーズ体験版

» 続きを読む

|
|

2016年2月10日 (水)

AutoCAD360(モバイル)がPROへアップグレード(期間限定30日間〜)

AutoCAD360(モバイル版)が4.0へバージョンアップしPROが利用できるようになっています。これは期間限定となっており30日間となっています。自分場合は90日間利用可能となっていました。

Wspro

PROについて詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。

» 続きを読む

|
|

«AutoCAD 2016 for MacとAutoCAD LT 2016 for Macが発売されました。